DVDプレスのメリットとデメリット

DVDプレスのメリットは、まず、大量に複製する場合、DVDコピーよりコストを安く抑える事が出来ます。次に、盤面に印刷する場合、オフセット印刷やシルク印刷を行っているので水などに強く、月日が経過しても劣化がし難い特徴があります。それから、互換性が非常に優れているので、再生をする時の問題がほとんどありません。他にも、DVDプレスを作る場合は、プレス工場を利用して作るので、データが壊れたりする可能性は低いです。デメリットは、少ない数を複製するとDVDコピーよりコストが高くなります。また、大量に作るので、納期までの時間が遅くなります。急いでいる場合は、DVDコピーをした方が速くなります。そして、販売目的で作成する場合は、DVDプレスを利用すると良いです。個人で楽しむ場合は、DVDコピーした方が良いです。

DVDプレスは大量生産を前提にした製造法

DVDプレスとは原盤という金型を最初に製造することから始まります。その原盤が出来上がると、それを利用して複数を生産していきます。それによりたくさんの商品を作ることができるようになります。言い換えればこの製法は大量生産を前提にしたやり方となります。具体的には約500枚以上の大量生産を前提としますからそれ以下の作成だとコスト高となります。そしてもう1つの特徴はディスクの表面に印刷されている印刷法となります。この印刷ではオフセット印刷あるいはシルク印刷というやり方が使用されています。今頃は家庭でもプリンターを利用してディスクを印刷できるようになりましたが、こちらはインクジェット印刷でコピーを業者に依頼しても同じ印刷法かUV印刷となります。このプレスで利用されてる印刷法だとディスクを指でひっかいてしまってもキズに強いという一面をもっています。そのため商売用の商品としての利用価値を高めることができるようになります。

DVDプレスの利点とは

DVD-Rにコピーをしたときには、耐用年数といったものがかなり低いといったことを考えなければなりません。もちろんDVD-Rにコピーをしていくといったことは、かなり手軽に出来るので、ちょっとしたデータをコピーするといったときにはかなり便利な方法になってきますが高い品質のものをしっかりと作りたいときには、あまり保障のできないことになってくると考えられます。再生がしづらくなったりするといったことも時間が経過するたびに頻発するようになってきてしまったりもします。そうしたことを防ぐためにはDVDプレスといったものをやっていくといったことがとても重要です。原盤を作りしっかりと作っていくので、耐用年数といったものが飛躍的に向上します。基本的には物理的な傷がつかない限り、再生できなくなるといったことありません。