DVDプレスの依頼を業者さんに依頼しました

以前、会社でDVDプレスを依頼したことがあります。会社では初めて依頼することだったので、最初はまずDVDプレスを安心してお任せできる業者さん選びから始めました。インターネットで探したところ、最近は実績豊富な業者さんがたくさん存在していることがわかりました。それぞれのホームページでこれまでの実績や料金、納期などを比較し、ひとつの業者さんに注目しました。その業者さんは、これまでたくさんの実績があるのはもちろん、リーズナブルな価格で高品質のDVDプレスを実現してくれることがわかりました。また、国内プレスに対応してくれていたので、短納期が実現するということで、この業者さんにお願いすることにしました。インターネット上で見積もり依頼ができたのですが、返答は想像以上に安い見積もり額に驚きました。少しでもコスト削減したいと考えていたので、これはとても大きな魅力でした。もちろん、出来上がりも早く品質もとてもよく会社も喜んでいました。この業者さんをこれから何かあったら利用することに決まりました。安心してお任せできる業者さんを見つけることができて本当に良かったです。

DVDプレスを行なうメリットとは

DVD制作において、DVDプレスとDVDコピーの制作方法があります。市販を目的とする場合はDVDプレスが利用されますが、これからDVDを生産される方はその理由やメリットを把握させておきましょう。DVDプレスではまずスタンバーと言われる原盤を元に生産されます。生産されたDVDにはピットという窪みが成形され、このピットは非常に高い精度を兼ね備えています。この為高品質なDVDが生産され、プレイヤーによって再生されない、というトラブルが少なく、長期に渡っての保存に適した生産方法となっています。市販として流通させる場合にトラブルが起きてしまう事は作品の評価にも繋がってしまうので多くの場合はプレスを利用して生産されます。また小ロットで注文する場合より、大量生産した方がコスト的にも安くすみますが、最近では小ロットでも低価格で注文を受け付けている業者も増えてきました。色々な業者のホームページを参考にしながら比較されていくと良いでしょう。

DVDプレスといった方法を取るのがいい

DVDを作る時に、色々な製作方法があると考えられますが、どのような方法を取るといったことがいいのでしょうか。まずは自分がどれくらいの枚数を作りたいかといったことを考えていきましょう。少ない枚数であるのならば、DVD-Rを購入して焼いていくといったことが1番簡単になってきます。大量に作るときにはDVDプレスといった方法を取るのがいいのではないでしょうか。大量のオーダーをできる上にしっかりとした高品質のDVDといったものを作るといったことが可能になります。もちろんそのような業者に依頼をすることによって製作時間といったものはかなり長くなってしまうのがデメリットの1つです。ですがクオリティの高いDVDといったものを大量に作りたいときは、このような方法を取るのがとても確実と言えるのではないでしょうか。